投稿者:

Windows機を自作新調

Windows8が出る直前の2012年10月の話ですが。。

自宅のWindows機は今まで2005年製のeMachines(CPUはAthlon64!)であったため、昨今では使いものにならずもっぱらiPad (3rd) かMacBook(こちらも2008年モノで相当古い。メモリ増設&SSD換装しているけど)を使っていたのですが、Windows8は地雷ではと想定している側としては今のうちにWindows7を用意しなければ、という思いがあり、今回ケースから新調してみました。

参考になるかわからないけど、構成は以下の通り。

  • CPU: Intel Core i7-3770T バルク
  • Memory: PSD316G1600KH (16GB)
  • SSD: Intel SSD SDSC2CT120A3K5 (120GB)
  • HDD: HDS723020BLA642 (2TB)
  • M/B: ASRock H77 Pro4-M
  • Case: LIAN LI PC-A04B
  • Power: 玄人志向 KRPW-SS600W/85+
  • OS: Windows7 Professional 64bit SP1

ポイントとしては定番の3770Kでなく省電力型の3770Tを選んだところかな。
基本電源は入れっぱなしとして、使いたいときにすぐ使える環境が欲しかったので。持ち帰る手間のコストを考慮して上記全てネットで購入しましたが、9万円でもお釣りがくるレベル(注: 購入当時)。

パフォーマンスインデックスは以下の通り。
performance

ゲーム等は基本やらないのでグラフィックはオンボードのIntel HD Graphics 4000で充分。あ、ただ、シムシティ新作の内容によっては手を入れる必要がありそうだけど。。
で、かれこれ4ヶ月程動かしている訳ですが至って順調稼働。良い時代になったものですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中